「あなたの話には“主語”がない」と指摘される人、よくいます。

 

文法的には「主語」じゃないんですけどね。

何についての話題なのかが抜けているんです。

 

 

〈ケース1〉

「聞いてくださいよぉ、お客様にすっごい叱られちゃったんですぅ」

「それヤバイじゃん! 店長に報告した?」

「あ、学生時代のバイトで・・・」

「あんたの話には主語がないのよーー!」

 

たぶん、仕事の合間に昔のことをぼーっと思い出して

頭の中で再現ドラマを反芻していて、

ふと、隣にいた同僚に再現ドラマの途中から話し始めたんでしょうね。

 

 

〈ケース2〉

「部長、◯◯工業さんから見積もりが上がってきたんですが、当初の仕様だと現在の設備では難しいということです。いまの予算で仕様を考え直すか、最初の案を通してコストが上がるかという話なんですが、技術的なことをじっくり詰めれば対処のしようもあるかと思って、明日から工場のある北海道に行って直接話してきてもよろしいでしょうか?

「え? あ、ん? 何の話?」

「ですから、明日から北海道に行ってきます」

「有給取りたいの?」

 

上司がうわの空で話を聞いていなかったわけですが、

この場合も「おまえの報告には主語がない!」と怒られるんですよね(笑)

 

人は何かやっているときに横から話しかけられても耳に入ってきません。

「部長、ご報告があるのですが、いまよろしいでしょうか?」くらい言って、

相手がこっちを向いて聞く姿勢になってから話しましょう。

「アテンション・プリーズ!」ってやつです。

 

 

「あなたの話には主語がない!」と指摘されるケースのほとんどは

「いま何の話をしているのか」が抜けている(あるいは伝わっていない)。

 

でも「主語がない」と言われてしまうので、次にこう言いますよね。

 

「わたしは、明日から北海道に・・・」

 

だから、そっちじゃない!

 

 

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs


◆2019年1月28日(月) 10:00~13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2zGZD6f


◆2019年1月28日(月) 14:00~17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2UqNRWu

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。